大阪大学

ストーリーベースのワークショップデザイン

  • 2017年08月23日
  • 15:00~17:00
  • 豊中 全学教育推進機構 A棟3階 HALC2 (A312)

概要

語学を身につけて、誰と誰をどんな場面で繋ぐのか?新しく開発された工学的な技術が、どんな人のどんな生活のいかなる利便性に貢献するのか?患者の 個々の病態や事情に寄り添いながら、全体の業務量を適切にコントロールできる看護技術とはいかなるものなのか?これらの課題は、いずれも「知識は知識とし て独立して使えるものではなく『誰が、どんな場面で、何の為に』という『ストーリーベース』で事象を捉えなければ、役に立たない」ことを示しています。大学の講義や社学連携の事業で使わることが多くなってきたワークショップ手法を、ストーリーベースで活用するための講座です。

教育プログラム区分

教育能力開発プログラム

対象

大阪大学全教職員

定員

30名

講師

  • 蓮行(劇団衛星・京都外国語大学)

申し込み

終了しました。

下記のボタンから申し込みください

申し込みフォーム

活動報告

 ワークショップ手法をストーリーベースで活用する方法を学ぶセミナーが開催されました。 写真は当日の風景です。

過去の参加者の声

参加者の声

    研究・授業ともに勉強になりました。デザインできそうなイメージが沸いてきた。 シナリオを用いたシミュレーション教育のプログラムを考えているところなので、ストーリーでメタ視点を持つという手法を知れて良かった。