大阪大学
学部生・大学院生・研究者のためのスキルアップ講座

トランスファラブル・スキルズ・ワークショップ

トランスファラブル・スキルズ・ワークショップとは?

研究者には非専門家とコミュニケーションする力やプロジェクトをマネジメントする力が求められます。これらのスキルは汎用的で且つどこにおいても必要とされるという意味で「トランスファラブル・スキルズ」(Transferable Skills)と呼ばれ、英国でResearcher Development Framework(RDF)としてまとめられているような様々なスキルを含みます。これらのスキルは、21世紀の大学院生にとって、研究を進める上でもキャリアを切り拓くためにも必須の資質です。教育学習支援部では、大学院生向けの支援プログラムとして、トランスファラブル・スキルズに関わるプログラムを提供しています。2019年度は大学院生による学部生向けのプログラムを実施しました。

2019年度のプログラム

 

 
 

過去のワークショップの様子

2018年度は1~3月を【トランスファラブル・スキルズ強化シーズン】と位置づけ、大阪大学の関連部署(全学教育推進機構、キャリアセンター、経営企画オフィスURA部門など)と共催で様々なワークショップを企画・実施しました。

※申込方法はワークショップごとに異なります。各ページの「申込」欄をご参照ください。

個々の活動報告はこちら