大阪大学

90分でポイントを押さえる!ディープ・アクティブラーニングの導入背景と具体的実践法

  • 2017年04月06日
  • 16:30~18:00
  • 豊中 全学教育推進機構 A棟3階 HALC2 (A312)

概要

なぜ近年アクティブラーニングという言葉が盛んに使われるようになったのでしょうか?なぜ最近ディープ・アクティブラーニングという言葉が出てきたのでしょうか?どのようにして実践すればよいのでしょうか?このセミナーでは、ディープ・アクティブラーニングを正しく理解するための知識を学びます。また、実際に自分の授業で実践するため、具体的な教育技法や学習デザイン方法を学びます。

教育プログラム区分

教育能力開発プログラム

対象

大阪大学全教職員

定員

30名

講師

  • 家島 明彦
    キャリアセンター・
    准教授
    家島 明彦 Akihiko Ieshima キャリアセンター・准教授
    経歴
    大阪大学人間科学部人間科学科(教育心理学講座)を卒業(2003年3月),京都大学大学院教育学研究科の修士課程(教育科学専攻 教育方法学講座発達教育分野)を修了(2005年3月),米国シカゴのノースイースタン・イリノイ大学(Northeastern Illinois University)心理学部のVisiting Scholar(2007年11月~2008年2月)を経て,京都大学大学院教育学研究科の博士後期課程(教育科学専攻 教育方法学講座 発達教育分野)を学修認定退学(2009年3月)。
    島根大学教育開発センター助教,島根大学キャリアセンター講師(副センター長,キャリア教育部門長,就職支援部門長),大阪大学教育学習支援センター講師(キャンパスライフ支援センターキャリア支援ユニット兼任)などを経て2016年4月より現職。専門は,生涯発達心理学,キャリア教育。
    資格等
    修士(教育学,京都大学)
    高等学校教諭専修免許状(地理歴史)(公民)
    認定心理士
    キャリア・カウンセラー
    ガイダンスカウンセラー
    自己紹介
    心理学と教育学の立場からFDとキャリア教育に携わってきました。
    メディアを活用した教育改善,現代青年のキャリア形成,大学経営戦略などに関心があります。
    教育学習支援部では主にキャリア教育とリーダーシップ教育を担当しています。
    どうぞよろしくお願いいたします。

申し込み

終了しました。

下記のボタンから申し込みください

申し込みフォーム

活動報告

アクティブ・ラーニングについてのセミナーが開催されました。

〔セミナー当日の写真〕

過去の参加者の声

参加者の声

    技法の具体例を知ることができた。 多様なAL技法シートでチェックをする事、次の目標ができました。