大阪大学

ライフスキルを高める運動方法

  • 2019年10月09日
  • 18時00分〜19時30分
  • 豊中 全学教育推進機構 総合棟Ⅰ 3階 341号室

概要

心理学の分野の中でスポーツ心理学は新しい分野ですが、スポーツ経験を通じてとても身近な分野となっています。特に、モチベイションの向上・維持、練習の成果を試合で出すためには、心理学を理解することが有用です。また、この様なことは、生きていく上でも重要なことであり、心の成長へもつながっていきます。
本ワークショップでは、メンタル・トレーニングのための基礎理論を講義形式で概説し、具体的なライフスキル・トレーニング技法を紹介します。これらを研究生活と日常生活で是非とも活かしてください。

目的

昨今のスポーツの高度化に伴い、アスリートの実力発揮やパフォーマンス向上には技術面、体力面にくわえ心理面の強化も必要条件となりつつある。本授業では、アスリートが抱える心理的諸問題の解決に寄与する最新のスポーツメンタルトレーニングの理論と方法について学ぶ。授業後習得した心理技法や知見を、自らが取り組むスポーツシーンや生活全般において活かしてもらいたい。

到達目標

  1. メンタル・トレーニングの理論を理解できる。
  2. メンタル・トレーニングの技法を実践できる。

RDF領域:

C1 専門家としての行動、B2自己管理、D1 他との協働

キーワード

心理技法、コミュニケーションスキル、呼吸法

受講対象者

大学院生、学部生、若手教員・研究者(ポスドク等)

定員

20名(先着順)

主催

全学教育推進機構(教育学習支援部)、キャリアセンター

講師

申し込み

終了しました。

下記のボタンから申し込みください

申し込みフォーム

活動報告